読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

透明ファイルと繋がる呼吸

「表現したい」ただ、それだけ。

忘れかけていた

世間はGWらしいですね。

わたしにはあまり関係のないことですが、とりあえずこの3日間だけでも連休があってよかったなと思います。

 

毎日毎日が大変で、疲れ果ててこれからどうしようという感じでした。

ただ、ぼーっとする時間さえもなくて。

いや、あったのかもしれないけれど、どうしても次のこと、先のことを考えてしまって。

 

なかなかPCを開く時間もとれずに、「葉」というHNがここに残っていることを忘れかけていました。

よかった、わたしの分身?を残しておいて。

自然に身を委ねることは素晴らしいな、と。

うーん・・自分で言っている意味がよくわからない、けど、たぶん心がカラッカラに乾いていた気がします。

 

桜もあっという間に散って、季節も夏みたいに暑くて不安定。

自然の摂理には逆らえませんね。

 

今はまだ、細い枝を伸ばして、しっかりと根を張って、ゆっくりとたくさんの葉をつけて、いつか花を咲かせなくては。

ちゃんと自分を育てなくては。

そんな気持ちです。

 

太陽の光は強い

+++葉

上下左右それぞれの色形を

説明ありがとう。とてもよくわかりました!笑

そして今日は少しだけバトンを受け取らせてください。

 

ameちゃんがこの交換日記を漢字練習帳だと思っていたことに驚きました。

わたしは毎回、自由帳の感覚で書いてました。

なので、ameちゃんの例えで教えてくれたことでこんなにも2人の感覚が違うのかと新たな発見でもありました。

 

(漢字練習帳、窮屈ではなかったですか?大丈夫かな。。)

 

 

わたしは、この1年(か、数年かいつまでなのかわからないけれど)少しだけ表現の世界から離れてしまいます。

でも、だからといって書くことを諦めるわけじゃないです。

絶対に諦めないと思います。大袈裟にいうと、それを無くして死ねません。

戻って来るとか来ないとかではなく、いつも身近にあるもので、紙とペンがあればいつでもどこでも準備はオーケー!

わたしにとって文章表現は切っても切れないものです。だから安心してください。

 

そして、ameちゃんはameちゃんの思う道を切り開いていってください。

一緒に頑張りましょう!

もし会える時があれば、会ってお話でもしましょうね。

 

数年は、自分の心を強くして”一人で立って生きていける力”を育てることに尽力します。

その中で細々と書き続けます。

 

もっともっと、色んな世界を見てみようと思います。

 

それでは「交換日記」という形態は小休止ということで・・またいつか!

+++葉

なんでもないこと

ame

雨だ。せっかく桜咲いてきているというのに。

 

バトントワリング、と表記したのですが

なんでもないことなんです。

今まである程度の期間を保ってお互いに更新してましたが

今はちょっと2人共余裕が無くてその期間を守れそうにないので

一旦落ち着くまではそういうのを全部取っ払って、

書きたい事を書きたいタイミングで、フリーに書いていきませんか?

という提案でした。

すごくわかりにくいイメージで言うなら、

今までの交換日記は小学生用の漢字練習帳を使っていたけれど

これからしばらくは自由帳を使っていく感じです。

前者はマス目も振り仮名も日付を書く欄もあるけれど

後者は何も印刷されていない白い無地のページが広がっていて、

何を書いても大丈夫。という…本当にわかりにくいな(笑)

 

ということでバトントワリングの説明、分かって頂けたでしょうか。

以下、これだけは。

 

4月、満開の桜の下に私たち2人がどうか立っていられますように。

本当は葉さんが羽ばたく将来だけを願えれば良かったんだけど

私は私のことを捨てずには居られませんでした。

境遇は違えど、一緒に頑張りましょう。

 

今日はここまで!

桜舞う日を待ちわびて

ameちゃんこんにちは。

ちょっと一息ついたところで、更新しますね^^

遅くなりました;

 

バトントワリング

うん、そうですね。。その方がいいかもしれないですね。

しかしわたしにはちょっとやり方がわからないので、お手本というか、いつか時間のある時にでいいのでameちゃんの更新を待ってもいいですか?

 

わたしは今、人生の大きな転換期の渦中です。

+++葉

バトントワリング

ame 更新情報とか

長らく更新していなくてごめんなさい。

私も葉さんも、たぶんこの春の季節を駆け抜けている最中なので

お互いの連絡すらほとんど取れていない状態です。

そこでameの独断ではありますが、

交換日記の形式を「バトンタッチ」から「バトントワリング」に

変更させてもらえればと思います。

バトントワリングはあれですよ、バトンを投げて、回して、掴んで、

というやつです。つまり「個人演技」。

今までバトンタッチだった交換日記とは程遠く離れてしまいますが、

しばらく期限を決めずに「書きたい人が書きたい時に書く」という方法を

とってみてはと思います。

 

ということで!

葉さん、忙しさが紛れた時にでも意見下さいな。

ジグザグ漂う

なんだか27歳のスタートからずっこけてしまいました。
早めにお祝いの言葉をもらっていたのにお礼を言いそびれてしまい…今さらですが、ありがとう!

ameちゃん、この交換日記のペースはあんまり気にしなくていいですよ。
わたしも始めた頃こそ早く書こう!と意気込んでいましたが、ぽつら、ぽつらと互いに共感したり、日々を精一杯過ごしているのは変わりのないことだと思っています。

アトリエの先輩、良い人だったんですね。
大学の頃はわたしもたくさんの人にお世話になったなぁと懐かしくなりました。
愚痴を聞いてくれた人、そっと見守ってくれた人、居場所を与えてくれた人、一緒に悩んでくれた人。。
嫌いだったはずの地が、今では無くてはならない土地です。

ameちゃんの日記を読んでいると、やっぱり似てるなぁ、どこかしらリンクするところがあるなぁと思います。

人が怖くなったり、信じられなくなったり
それでも最後にはまた人に助けてもらって。

とある人が、よく「人と人との間柄を生きていかなければならない」と言い聞かせてくれますが、まさにそうですね…痛感しています。

でも、もうちょっと適当さや良い加減を身につけたほうがいいよなぁと思います。
難しいです、ね。

あ、れ、お悩み相談になってしまいました。

だいぶエネルギー消耗しているようです。
休む時はちゃんと休まなくちゃ!と思いながらも、なかなかゆっくり出来ません。。

ひなたぼっこがしたいです。

drifter

ame

葉さんや読んで下さっている貴方へ、

バトンを受け取るのが遅くなってしまいごめんなさい。

言い訳になってしまいますが、

書けなかった一週間、特に後半にかけては殴られ蹴られの

ボロボロの日々でした。

なんとか立ち上がれそうな今、ようやくバトンタッチ出来そうです。

 

学生時代に先輩のアトリエで流れていた

原田郁子/Drifter(原曲はキリンジだそうですね)を思い出しました。

この時もちょうどボロボロの日々で、ふらふら学内をさまよう私を

先輩が呼び止めてアトリエへ引きずって連れていき、

この曲をかけて、コーヒーが飲めない私に紅茶を淹れてくれて、

意識がぼんやりしている私にたくさんの話をして下さったのを覚えています。

大事な記憶です。

 

そして、

3月7日にちなんだことわざと「きっと大丈夫」の言葉、

ひどく沁みました。映画館の投影機が出す一筋の淡い光のような、

そんな弱いけれど芯があって優しくて、心が温まりました。

先輩の記憶も、葉さんの言葉も、全て私の中で息づいています。

人が信じられないなアと嘆いていたけれど、

そんな信じられない「人間」という生き物に今強く腕を掴まれています。

 

(※ちなみにことわざの類は昔は嫌いでしたが、

年を重ねるにつれて言葉の深さにははー!と感嘆する自分が居ます)

 

制限時間はないようであると思っていましたが、

生き方のルールブックなんて存在しないのだから私は私の歩き方で

進んでいこうと思い始めたところです。